【リストラの心配】お金を借りられる人、借りられない人

人生においては、何が起こるかもわからないような世の中です。


急に会社をリストラにあってしまったり、病気やけがに見舞われてしまったりすることもあります。


そんなときに考えるのが、身内に借りるという方法があると思います。

親や友人など・・・・。

ただ、その場合、後々揉めることがあるので、できれば避けたいところです。

お金の切れ目が縁の切れ目そんなことですね・・・。


そこで金融会社でキャッシングで、一時的に解消するという方法があります
銀行やクレジットカード会社、消費者金融などがあります。

中でも銀行やクレジットカード会社では、審査が厳しく、無職の人ではまず通ることはないと考えたほうがいいでしょう。

親や配偶者などが経済的に余裕がある場合や派遣や契約社員でちょうど契約期間の間で無職である場合、または年金生活者で60代くらいでまだ働ける場合、そして学生などで就職の内定が出ている場合であれば審査は難しくないでしょう。

ということで
リストラされそうな人の場合、まだ、社会人という証明ができるので、リストラ前にカード発行をしておくというのは1つの手段です。




退職金交渉は可能か?リストラの場合


企業が人件費を削減するために、リストラを行なう。
企業側すれば、苦肉の策とはいえ、当事者はそれどころではありません。

では、リストラ交渉するにあたって、頭にいれておかなくてはいけない項目を挙げると
・リストラにおける退職金の補償額
・リストラのタイミング(いつまで雇ってくれるのか?)
・有給消化の有無

等があるかと思います。

失業すれば、社会的地位は一気に落ちます。
再就職も今の世の中、そう簡単にはいきません。

40代を越えていればそのハードルはより高くなります。

退職金交渉は、ダメ元でも絶対行なわなくてなりませんし、結果的に満足できる数字がでないとしても、生きていくためには避けて通れません。

ただ企業側も、そこは分かっているため、出せる額は横並びで決まっているのが現状です。


お金の苦労はこの先どうなるかわかりません。
そこで、1つ提案しましょう。

サラリーマンである現状は、社会的な地位を確保されています。
定期収入がある今だからこそ、後々のために銀行系のカードローンの発行をしておくのがオススメです。
みずほカードローンをはじめプロミス、モビット、アコムなどがそれです。

退職金をそれなりにもらって、今はお金に困っていない。
再就職すれば、また、給料が入ってくるっと思ったら大間違いです。

再就職で今以上の給料は望めません。
ましてや、失業保険をもらっているうちに仕事が決まるかも分かりません。


今、必要がどうかではありません。
いざ、お金が必要となったときに、仕事がなければ、カードローンに審査に通りません。
その意味で、今なら限度額を含め有利なカード発行が可能なのです。